エアコン

もしかして故障?エアコンの風が弱いときの対処法を徹底解説!

エアコンから出る風が弱ければ冷暖房の効きが悪くなる可能性が高いです。
風が弱いと感じるのであれば、この問題が起こる原因と対処法を知り、適切な処置を行うようにしてください。
また、問題を引き起こさないようにするための予防策を知っておくと、同じトラブルを繰り返さずに済みます。
自分で対処できない場合は業者に依頼することになるので、その際の注意点まで知っておくと良いでしょう。

エアコンの風が弱い原因


エアコンの風が弱い原因には、エアコン内部の汚れがあげられます。
内部に汚れがあると、空気を上手く吸い込めなくなっている可能性、風の流れをつくり出せなくなっている可能性が高いです。
風の通り道に問題が発生していると、本来よりも風量が落ちることになります。
エアコンを掃除せずに使い続けている場合は、汚れが理由で風が弱くなっている可能性が高いことを知っておきましょう。
汚れがなくても内部パーツの破損や故障が起こっている場合は風量が低下します。
風の流れをつくってくれるファンが破損していると、機能が著しく低下することになるはずです。ファンの羽根の1枚だけに問題が生じているような場合でも、風がかなり弱くなってしまうことがあるので注意が必要だと言えます。
経年劣化や間違ったお手入れによって破損することが多いですが、目視することが難しいのでトラブルが起こっていることに気がつけないことも多いです。
エアコンの風が弱い理由には、汚れや部品の故障があることを理解しておきましょう。

エアコンの風の弱さを改善する方法

風が弱いという問題を解決したいのであれば、まずは自分でお手入れすることができます。
フィルターなどに付着したホコリや汚れを取り除くことによって、風を上手く循環できるようになるケースが多いです。
ただし、間違ったお手入れ方法では状況を悪化させてしまう恐れがあるので、取扱説明書を参考にしながら正しい方法で実施することが大切だと言えます。
利用しているエアコンによって使うことができる掃除アイテムや実施できる掃除方法が違っているため、利用している機器に合った方法で手入れするようにしてください。
エアコンごとに最適なやり方は違いますが、基本的には掃除機でホコリを吸い取ったり、フィルターを洗浄して完全に乾燥させたりする方法でお手入れを行います。
故障や破損の疑いがある場合は、自分で解決することができません。
自分で修理しようとすると、思わぬトラブルを招く可能性があるので危険です。
破損の恐れがあるときには、速やかに修理業者に連絡することが最も適切な対処法だと言えます。

業者に依頼する際の注意点

エアコンの風が弱いという問題で修理を依頼するのであれば、信頼できる業者が見つけられるようにしておくことが大切だと言えます。
ポストに投函されているチラシやインターネット検索で見つけたリーズナブルな業者に依頼しようと考える人は多いですが、安さを理由に利用するサービスを決めることはおすすめできません。
参考価格よりも高い費用を請求されるようなケースもあるので、評判や実際に請求された金額を口コミ情報などで確認しておくと良いです。
風が弱い場合の修理費用の相場を確認しておき、あまりにも安いと感じられるサービスは後から高額請求される可能性があるかもしれないと疑うようにしてください。
できればインターネットで情報を集めるだけではなく、複数の信頼できそうな業者から見積もりを出してもらい、対応が丁寧であったり納得できる内容を提示してくれたりしたサービスで依頼することがおすすめだと言えます。
エアコン修理で後悔をしないようにするためにも、このようなポイントに気をつけて業者に依頼するようにしてください。

エアコンの風を弱くしないための予防策

風が弱いという問題で悩みたくないのであれば、予防策を知り、実施することをおすすめします。
エアコンの風を弱くしないためには、定期的に掃除を行っておくことが大切です。
夏や冬は冷暖房を毎日使用する家庭が多いですが、きちんとお手入れすることができている家庭は少ないと言えます。
多くのメーカーでは、2週間に1回もしくは月に1回の清掃を推奨しているので、推奨頻度でお手入れができるようにしておくと良いでしょう。
内部クリーニング機能が搭載されているエアコンを使用している場合でも、別途清掃が必要となるケースがあります。
取扱説明書を確認し、推奨されている頻度でホコリや汚れを除去することができるようにしておくと良いです。
清掃の際には、内部パーツを傷つけないようにすることも大切だと言えます。
自分で行う清掃はフィルター表面のホコリ取りのような、パーツを傷つけない場所だけにしておくと良いです。
細かい清掃は1年に1回ほど、プロにクリーニングを依頼することをおすすめします。
こういった予防策を講じておけば、風が弱い問題が起こりにくくなるでしょう。

まとめ

エアコンの風が弱いときには故障を疑ってしまうかもしれませんが、内部が汚れているだけの可能性もあります。
内部が汚れている場合は適切な方法で清掃するべきですし、破損や故障の恐れがある場合は業者に修理を依頼してください。
突然問題が発生すると戸惑うことになりますが、原因や対処法に対する理解を深めておくことで、スムーズに対処できるようにしておくと良いです。

エアコンクリーニングについてのご相談はこちら >

総合クリーニングの i.so-ji(アイソウジ)
みなさまに繰り返しご利用いただいております。

0120-910-132

【受付時間】 月~金 09:00~18:00 土・日 13:00~18:00

ご予約・お問い合わせはこちら
お見積もり・お問い合わせはこちら
0120-910-132 電話相談 お見積り・お問い合わせはこちら お見積り・お問い合わせ

簡単見積もりシミュレーション