エアコン

エアコンの掃除の頻度はどれくらい?エアコン掃除の回数の目安と放置するリスクを詳しく解説!

暑すぎる夏、今やエアコンは我々の暮らしに欠かすことが出来ません。
でも使うだけ使ってお手入れはおざなりなんて事になってたらヤバイです。
こまめなエアコン掃除が必要、とはいえ掃除の頻度はどれくらいが良いのでしょう。
放置するリスク、どういった事が起こってしまうのかなどエアコン掃除にスポットを当ててみます。

エアコン掃除を怠ると、こんなリスクあり

エアコンはお部屋全体に暖かい風や、冷たい風を送る機械。
その風はお部屋の中の空気を吸い取って吐き出すことで生まれています。
そのためお部屋に舞っているチリやホコリ、湿気や油などの汚れも吸ってしまいます。
またエアコンを冷房にすると、結露によって内部に水分が発生します。
この水分と汚れをエサに、カビや菌が繁殖し、菌を含んだ空気がお部屋中に舞ってしまうと、その空気を吸い込むこととなり、健康被害が起こるリスクがあります。
特に弱く幼い子供やペットはアレルギーなどの病気を発生させてしまいがち。
彼らを守るためにもお掃除はしなければならないのです。

また汚れた状態での稼働はモーターへの負担が大きく、設定通りに暖まらない、冷えないため、余計に設定温度を強くしてしまいます。
それだけ無駄にお金がかかってしまうのです。

また埃はモーターの動きを抑え、抵抗があるとそこに熱も発生します。
それが故障の原因に、早く壊れて買い替えをすることとなってしまうのです。
さらに基盤や配線にホコリが溜まってショートを起こし、火災に繋がった例もあるのです。

しかも故障は稼働率が年間でも一番高い、暑さのピークの時期に突然にやってきます。
この時期は業者の繁忙期でなかなか修理に来てもらえず暑い部屋で過ごさなければなりません。

修理費用も普段よりも確実に高くて、やはりお金の無駄となってしまうので日ごろからきちんと定期的なお掃除を続けていた方が断然良いわけです。
快適な暮らしをするためにはお手入れが必須です。

エアコン掃除の頻度とは

放置するリスクを知って、エアコン掃除をしよう!と思い立ったことでしょう。

冷たい空気は上から下へと降りていく性質を持っていますから、たいていのエアコンは室内の高い位置に設置されています。
ですから脚立や椅子などを用意してわざわざ確認するのは億劫だと思いますが、お掃除は月に2回程度で十分です。
ちなみにこれはフィルター掃除の頻度、すなわち自分たちでできるお掃除のことです。
わざわざ業者に頼んで素人だとできないエアコン内部の隅々まで磨き上げてもらうのは、1年から2年に一度が目安となります。
これなら、掃除の負担も経済的な負担もそれほどかからないはずです。
ただそれだけでいい、それなのにそれすら怠ってエアコン掃除なんてこれまでに一度もしたことがない。なんて方もけっこういたりするので、恐ろしい事です。

自分たちでできるエアコン掃除

いつもお世話になっているエアコン、お掃除の頻度は月に2回でいいのできれいにしてあげましょう。
我々が自分たちでできるのは、エアコンフィルターのお掃除です。

もちろん周りを雑巾で磨いてあげたりといったこともすればいいですが、高い箇所のお掃除はバランスを崩したりすると危険なのでくれぐれも気を付けることです。

内部の方の汚れも気になるかもしれませんが、複雑な構造をしていて素人が手軽に分解して、また組み立てて、なんてことはできません。
そこは業者さんに任すようにして、フィルターを外して掃除機でホコリを取る、それでも取れない汚れは中性洗剤を使って水洗いする、そこまでにしておきます。
説明書にも記載があるはずなので一度読んでみるのもいいかもしれません。
フィルターは柔らかい素材で出来ているので、優しく扱わないと破れてしまうことがあるので注意です。
洗ったあとはよく乾かすこと、濡れたままで入れると湿気でカビが発生しやすくなります。

ちなみに、掃除の頻度の月2回というのはあくまでフル稼働している時期のこと、春秋のエアコンを全く使わない時期はそのままにしておいて時期が近づいてきたら、きれいにして待機させておくことです。

業者にお願いしてのエアコン掃除

分解することなく洗浄したとしても、業者にエアコンクリーニングを依頼すると最低10,000円前後かかります。
分解して徹底的に磨き上げてもらったとしたらその倍くらい。結構なお値段がするのです。
とはいえ内部の方まで我々素人が手を入れるわけにはいきません。
お掃除代として積み立てておいて、1年から2年に1度のペースで依頼するようにしましょう。
2年間もあれば月々の積立額はほんのわずか、決して無理な額ではありません。
できれば春や秋のシーズンオフを狙うこと、そうすればお値段も安くなりますし希望日を指定することができるのです。
中までピカピカになったエアコンで夏を迎えることができれば、吹く風もさわやかで気持ちよく暑くて嫌な季節を快適に過ごすことができるのです。
一方で、面倒だから、お金が勿体ないからとフィルター掃除も業者でのクリーニングも避けて通っているとなると、放置するリスクは高まる一方です。

まとめ

エアコン掃除の頻度、思っていた以上に全然大変ではないことがお分かりいただけたはずです。
きっと面倒なはずと今まで掃除をせずにやり過ごしてきた方、リスクの数々もまたお手入れをしなければという原動力となったはずです。
毎週月曜日と水曜日がエアコン掃除の日、5月がエアコンクリーニングを頼む時、そんな風に決めておくと更にラクチンです。
エアコンクリーニングについてのご相談はこちら >

総合クリーニングの i.so-ji(アイソウジ)
みなさまに繰り返しご利用いただいております。

0120-910-132

【受付時間】 月~金 09:00~18:00 土・日 13:00~18:00

ご予約・お問い合わせはこちら
お見積もり・お問い合わせはこちら
0120-910-132 電話相談 お見積り・お問い合わせはこちら お見積り・お問い合わせ

簡単見積もりシミュレーション